綱島駅のふぉれすと歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

ふぉれすと歯科

神奈川県横浜市の歯科

045-543-3613

神奈川県横浜市港北区新吉田東1-5-1

 

HOME»  歯周病

歯周病

気づいた時にはもう遅い!?
歯周病は成人の80%がかかっているとされており、最終的には歯が抜けてしまう、とても怖い病気です。
しかし自覚症状が少なく、気づいていない方が沢山います。
そのため、早期発見・早期治療がとても重要です!

当院では、歯を守るために歯周病検査をお勧めしています。
(健康保険を適用できます。)
 

ポケット検査

ポケット検査歯周病の診断にはレントゲン撮影に加え、ポケット検査を併せて行います。

 
 

歯周病の進行

歯肉炎 歯周病(歯周炎とも歯槽膿漏とも言いますが)は「痛み」のない病気です。ただ、痛みはなくとも恐ろしい病気です。
軽度歯肉炎 歯肉炎~中等度歯周炎まではあまり症状はありません。見た目での違いも素人目にはまずわかりません。ただ骨吸収は進行していきます。
中等度歯肉炎  
重度歯肉炎 重度歯周炎まで進むとようやく症状があらわれます、歯が動き始めるのです(しっかり噛むことが難しくなります、やはり痛くはないです)。
ただ、重度まで進んでしまうと、大抵の歯医者さんに行くと抜歯となることがほとんどです。
歯周病の治療は歯肉炎~中等度歯周炎までの間に治療を始める事が非常に重要です。
 
 

初期治療

初期治療程度に限らず歯周病の直接的な原因は「歯石・歯垢」です。
歯垢は普段のブラッシングで取り除けますが、歯石は市販の道具ではとれません。

歯科で行うメディカルケアと、患者さん自身が行うセルフケア。この両軸によって、歯周病治療は成り立ちます。
 


こちらの画像は「デンタルフラッシュ」提供の素材です。 無断で複製することはできません。