綱島駅のふぉれすと歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

ふぉれすと歯科

神奈川県横浜市の歯科

045-543-3613

神奈川県横浜市港北区新吉田東1-5-1

 

HOME»  すまいるブログ»  子供の歯を守るルール★

子供の歯を守るルール★

子供の歯を守るルール★

みなさん、こんにちは。
今回はパパママ必見の内容です!

今のお子さんの平均寿命は100歳を越える時代と言われていますね。
だからこそ、歯は長く持たせたいもの。

歯ブラシは大切なのはわかっていても、
お子さんの歯磨きチェックを毎日するのは難しかったり、
磨かないで寝てしまったり、、なんて事ありませんか?

もちろん、毎食後歯ブラシするのがベストですが、完璧はなかなか難しいものです。
そこで、食習慣と合わせる事で、虫歯予防していく事が重要になります。
 
砂糖がはいったものが虫歯になるのは、みなさん知っていますね。
子供に甘いものを与えない、もありですが
食べ方を工夫すれば、虫歯の予防につながります!

子供の歯を虫歯から守るルール★
①「ダラダラおやつ」を控える
②キシリトールで唾液を出す
③歯医者で予防処置をする



①「ダラダラおやつ」はNG
 虫歯菌は糖分を与えると、酸を出し歯を溶かします。(脱灰)
 これを防いでくれているのが唾液です。
 食後に唾液の力でミネラルなどを補い、歯を再生してくれています。(再石灰化)
 しかし、これには「時間がかかる」という弱点があり、この間に更に間食してしまうと
 歯が溶け続け、弱い歯になり、虫歯になりやすくなります。
 
 量よりも、間食の回数が多い方が、虫歯になりやすいのです!
 食事と食事の間をあけ、再石灰化の時間をとる事が大切です。

②唾液を出す
 唾液は歯の修復をしてくれる大切なもの。
 そこで、ガムを噛んで唾液を出せば、それだけ修復力が高まります。
 しかし、普通のガムでは糖分が入っているので、逆効果です。
 そこで、糖分がはいっていないガム、キシリトールガムがオススメです。
 (キシリトールガムでも、中には糖分が含むものもありますので、チェックしてください)
 キシリトールは虫歯菌を弱らせる効果もあるので一石二鳥です!

③最後のルールは、歯医者に定期的に行って予防する、です。
 フッ素塗布やシーラントなど、虫歯予防処置が保険でできます。
 定期的に歯医者に行く事で、虫歯の予防、早期発見が重要です。
 虫歯も痛み出す前に発見できれば、軽い処置ですみます。
 反対に、痛みが出てからだと、神経をとるなど、治療も大変になり、歯の寿命も短くなってしまいます。
 
 予防する事が、歯を長くもたせるコツです。





 

2018-10-11 17:42:01